女性特有のニキビはホルモンバランスの乱れが原因?

女性は生理にニキビができやすいと言われています。

その理由はプロゲステロン(女性ホルモンの一つ。生理前の子宮内膜をより厚く、妊娠に適した状態にする作用がある。)が生理前に増えることにあります。

このホルモンが増えると皮脂の分泌が盛んになり、ニキビや吹き出物ができやすい環境を作りやすくしてしまうのです。

この状態の改善方法としては、洗顔と食事、ストレス対策(十分な睡眠など)、そして便秘の改善(運動など)が挙げられます。

洗顔はいつもよりもソフトに行い、水の方が適していますし、保湿など洗顔後のケアも気を付ける必要があります。

注意することは、高カロリーや高脂質の食品を摂り過ぎないことや、洗顔時にニキビが気になって強くこすり過ぎないことなどが挙げられます。

妊娠中にニキビが増えるのはなぜ?

妊娠中にニキビができやすいのは、生理前と同じく子宮内の環境を整える作用があるプロゲステロンが大量に分泌されるのが理由です。

特に妊娠初期には同時に分泌されるエストロゲン(プロゲステロンとは、逆に肌をみずみずしく保つ作用がある。)の分泌量よりも多いため、特にニキビができやすい状態になるのができやすい理由です。

加えて、つわりで栄養バランスが偏るのと、妊娠により腸が圧迫されて便秘になりやすいというのも理由になります。

注意することは、新しいスキンケアを試すときには助産師さんや産科の先生に相談することが必要です。

また、つわりがありますから、無理に栄養を摂って体調を崩さないなどの注意が必要です。