脂性肌のニキビ対策はクレンジングと運動がカギ

脂性肌の人は、皮脂が多い為に毛穴に皮脂が溜まりやすくなってしまいます。
またメーク汚れなど、他の汚れも加わってしまうとあっという間に毛穴が詰まってしまいます。
そうするとアクネ菌が繁殖しやすくなり、ニキビが出来やすくなります。

脂性肌の人は、洗浄力の強い洗顔を使ってゴシゴシ顔を洗ってしまいがちです。
しかしこれでは肌を傷めてしまい、バリア機能も破壊されてしまいます。肌は摩擦に大変弱いので、脂性肌だからといってゴシゴシ洗いは厳禁です。
なので、優しく力を入れない様にして洗顔しなければなりません。

脂性肌の人は、擦らなくても落とせるオイルタイプのクレンジングを使って優しく顔を洗いましょう。
ダブル洗顔が必要ない商品がお勧めです。メークをしていない日も行う事で毛穴がキレイになっていきます。

適度な運動でニキビは減る?

ニキビが出来やすい人は、体の代謝が悪くターンオーバーも悪くなっている可能性があります。

ニキビを出来にくくするためには、代謝を良くしてターンオ-バーを正常にしていく事が大切です。

代謝をよくする方法は運動をする事です。運動は苦手で出来ないと考えてしまう人もいるかもしれませんが大丈夫です。激しい運動をする必要はありません。ウォーキングやエアロバイクなどの有酸素運動でも充分効果があるからです。

これらを毎日、20分以上行う事で代謝を良くしていくことができます。